日本食品衛生学会のホームページへようこそ!

ブロックイベント情報

ブロックイベント情報

北海道・東北ブロック

【※中止いたします】第3回日本食品衛生学会 北海道・東北ブロックセミナー

日本食品衛生学会北海道・東北ブロックでは、食品衛生に関する情報共有や情報交換を行う場となるようブロックセミナーを開催しております。今回は食中毒の原因となる細菌やウイルスなどの微生物関連分野をテーマとした内容を企画しております。また、最近は大規模な自然災害が多く発生し、それを起因とした食中毒や感染症のリスクも顕著になっております。このような状況を踏まえ、各分野の専門講師から情報を得る機会としていただき、皆様の業務に活用いただけましたら幸いです。
多数のご参加をお待ちしております。

開催日時: 令和2年3月3日(火) 13:30~16:30 ※中止いたします
主催: 公益社団法人日本食品衛生学会 北海道・東北ブロック
後援: 岩手県、日本食品微生物学会
開催場所: いわて県民情報交流センター アイーナ 804B会議室
(岩手県盛岡市盛岡駅西通1丁目7番1号)
内容: 細菌・ウイルスによる食中毒や災害時の食中毒・感染症対策事例 ついて
詳細は、下記PDF「セミナー告知」をご覧ください。
参加費: 無料
食品衛生や病原微生物等に興味をお持ちの方50名
(大学、行政機関、 食品関連 事業者、受託分析機関 、学生他
食品衛生学会の会員、非会員を問いません)
参加方法: 別 紙 、参加申込書を 2 月 25 日までにメールに添付して秋田市保健所
伊藤 ac970298@city.akita.akita.jp 宛てに 申込みをお願いします 。
確認 の上 、折り返しのご連絡をいたします。
なお、定員に達し次第受付を終了させていただきます。
参加申込用紙をダウンロード
問い合わせ先: 公益社団法人 日本食品衛生学会
学会活性化委員会
北海道 ・ 東北ブロック
(秋田市保健所 衛生検査課) 伊藤 功一
TEL:018-883-1190 E-mail: ac970298@city.akita.akita.jp  
PDF: セミナー告知>>
セミナーのご案内>>

 

北海道・東北ブロック 公開セミナー(厚生労働省・日本食品衛生学会共同主催)

 この度、厚生労働省と食品衛生学会は、消費者への食品の安全に対する正 しい知識と、残留農薬等の基準に関する知識の普及啓発活動を目的にリスク コミュニケーションを開催することとなりました。
 リスクコミュニケーションでは、専門家と行政から情報提供を行った後、 皆様が生活の中で抱いている疑問や不安について意見交換を行います。
 是非とも皆様お繰り合わせの上、ご参加ください。

開催日時: 令和2年2月5日(水) 13時~16時(12時15分受付開始)
主催: 厚生労働省、公益社団法人日本食品衛生学会
後援: 秋田県、秋田市
開催場所: 秋田拠点センターアルヴェ2階多目的ホール
(秋田県秋田市東通仲町4-1)
内容: 1.残留農薬についてともに学ぼう!
穐山 浩(国立医薬品食品衛生研究所)
2.農薬の登録と使われ方について知ろう
行政担当官(農林水産省)
3.食品中の基準と安全性について知ろう
行政担当官(厚生労働省)
4.食品衛生に係る微生物リスク
寺嶋淳(岩手大学)
参加費: 無料
参加方法: 先着100名(事前申し込み不要、先着順)
*当日、直接会場へお越しください。
問い合わせ先: (公社)日本食品衛生学会
東京都渋谷区神宮前2-6-1食品衛生センター内
Email : Email :koenkai@foodhyg.or.jp  
PDF: ご案内>>

 

第2回 日本食品衛生学会 北海道・東北ブロック セミナー

北海道・東北地区を中心とする検査員や研究者の方々と食品衛生分野の新しい情報や話題を共有する場として、開催いたします。
 今回は食品分析における精度管理と異臭検査をテーマに考えております。
分析精度管理では、管理手法と検査現場での苦労などの話題について、ご提供する予定です。食品のにおい分析(異臭)では、食品分析における経験と実績が重視される分野において、その苦労と経験を話題提供する予定です。
また、企業展示ブースを会場内に併設しますので最新情報を得る機会としてもご活用ください。
日常業務内容のチェックと視野を広げる好機ですので、是非ご検討ください。

開催日時: 令和元年11月29日(金) 12:00~(受付開始) 12:45~(講演開始)
主催: 公益社団法人日本食品衛生学会 北海道・東北ブロック
開催場所: 宮城野区中央市民センター 2階 第1会議室
(宮城県仙台市宮城野区五輪2丁目12-70)
プログラム:
12:50~16:30
開会挨拶
認証標準物質と精度管理
RESTEK日本支社 講演ご担当者様
LC-MS/MSにおける精度管理
(株)エービー・サイエックス 講演ご担当者様
分析の品質管理 ~機器分析における内部精度管理の実際~
日本食品分析センター 中村 歩 氏
日本生協連における異臭検査と対応事例について
日本生活協同組合連合会 高谷 智之 氏
閉会の辞
参加費: 参加費 無料 30名まで先着順
(会員・非会員問わず、どなたでも参加できます。食品分析担当者を優先させていただきますので、 販売業者等の方はお問い合わせください。)
参加方法: 別紙、参加申込書を11月25日までにメールに添付して下記アドレスに送付願います。
確認の上、折り返しのご連絡をいたします。なお、定員に達し次第受付を終了させていただきます。

ジーエルサイエンス(株) 西村 泰樹
 E-mail: nishimura@gls.co.jp
参加申込用紙をダウンロード
情報交換会: 場所:豊園 (仙台市宮城野区銀杏町35-4、電話 022-232-1668 )
     セミナー会場より徒歩6分
時間:17:30~19:30
会費:4,000円 (領収書をご用意いたします)
問い合わせ先: ○セミナーに関するお問い合わせ
ジーエルサイエンス(株) 西村 泰樹
Email : nishimura@gls.co.jp  
PDF: セミナー告知>>
セミナーのご案内>>
情報交換会のご案内>>

 

第1回 日本食品衛生学会 北海道・東北ブロック セミナー

食品衛生分野の検査・研究では、新しい情報や技術を日常の業務に取り入 れていくことで業務の効率化、技術発展へとつながっていきます。日本食品 衛生学会北海道・東北ブロックでは、食品衛生分野の情報や話題を地域の検 査員・研究者と共有する場が必要と考え、セミナーを開催することといたし ました。第1回は食品衛生における残留化学物質検査(機器分析)をテーマ に下記の講演を行います。4名の講師による最新の知見を日常業務に生かし ていただけましたら幸いです。また、企業展示ブースを会場内に併設します のでメーカーからの最新情報を得る機会としてもご活用ください。

開催日時: 平成31年3月15日(金) 13:00〜(受付開始)
主催: 公益社団法人日本食品衛生学会 北海道・東北ブロック
開催場所: 宮城野区中央市民センター 2階 第1会議室
(宮城県仙台市宮城野区五輪2丁目12-70)
プログラム:
13:15~16:40
開会挨拶
農産物に残留する農薬の東京都における理化学検査(仮)
東京都健康安全研究センター 大塚 健治 氏
GC/MSで安定した分析値を得るためには(仮)
秋田市保健所 伊藤 功一 氏
マイコトキシン(カビ毒)の規制と分析法(仮)
東京都健康安全研究センター 田端 節子 氏
食品残留分析におけるLC-MSの実際(仮)
アジレント・テクノロジー(株) 滝埜 昌彦 氏
閉会の辞
参加費: 無料(情報交換会は有料) 30名まで先着順
(会員・非会員問わず、どなたでも参加できます。食品分析担当者を優先させていただきますので 販売業者等は協賛・企業展示担当西村までお問い合わせください。)
参加方法: 別紙、参加申込書を3月7日までにメールに添付して下記アドレスに送付願います。
確認の上、折り返しのご連絡をいたします。なお、定員に達し次第 受付を終了させていただきます。

秋田市保健所 伊藤 功一
 E-mail: ac970298@city.akita.akita.jp
参加申込用紙をダウンロード
問い合わせ先: ○セミナーに関するお問い合わせ
秋田市保健所 伊藤 功一
TEL 018-883-1190
E-mail: ac970298@city.akita.akita.jp

○協賛・企業展示に関するお問い合わせ
ジーエルサイエンス(株) 西村 泰樹
Email : nishimura@gls.co.jp  
PDF: セミナー告知>>
セミナーのご案内>>
情報交換会のご案内>>
東海・北陸ブロック

【※中止いたします】「日本食品衛生学会 ブロックイベント 第4回東海・北陸公開講演会」の開催について

みだしについて下記の開催をいたします。つきましては、参加者を募集いたしますので、御応募下さいますようお願い申し上げます。

日本食品衛生学会東海・北陸地区担当理事
東海・北陸ブロック学会活性化委員
開催日時: 2020年3月10日(火)13:30~17:00 ※中止いたします
主催: 公益社団法人日本食品衛生学会 東海・北陸ブロック
開催場所: 岐阜大学サテライトキャンパス 4階多目的講義室
(〒500-8844 岐阜県岐阜市吉野町6-31 岐阜スカイウイング37 東棟4階)
JR岐阜駅から徒歩5分,名鉄岐阜駅から徒歩8分
講演会テーマ: 自然毒-食中毒から医薬品の応用まで-
プログラム:
13:30~17:00
開会挨拶
名古屋市衛生研究所 生活環境部 部長 大野浩之
(日本食品衛生学会東海・北陸ブロック理事)
基調講演 国内における有毒植物による食中毒について
国立医薬品食品衛生研究所 安全情報部第3室 室長 登田美桜
休憩
特別講演 薬学から自然毒を見る
岐阜薬科大学 薬用資源学研究室 教授 田中稔幸
閉会挨拶
中部大学 応用生物学部応用生物化学科 教授 堤内 要
(日本食品衛生学会東海・北陸ブロック長)
交流会
参加費: 無料(会員・非会員を問いません)
申込方法: 下記お問合せ先のE-mail宛に、参加者のご所属先とお名前をご記入のうえご連絡ください
問い合わせ先: 岐阜県保健環境研究所 食品安全検査センター 
南谷臣昭(みなたに とみあき)
〒504-0838 岐阜県各務原市那加不動丘1-1
TEL:058-380-2100
FAX:058-371-5016
E-mail: minatan-t@outlook.com
PDF: 詳細はこちらをご覧ください>>

平成30年度日本食品衛生学会 東海・北陸ブロック公開講演会

日本食品衛生学会東海・北陸ブロックでは、平成28年度より、会員相互の情報交換、また、食品衛生に関心のある一般の方々への情報提供の場として、公開講演会を開催しています。 本年度は、食品衛生関連分野の第一線で活躍するキッコーマン食品株式会社品質管理部の高田優子先生および静岡県立大学食品栄養科学部の島村裕子先生にご講演いただくことになっております。どうぞ、お気軽にご来場ください。

開催日時: 平成31年3月7日(木)
主催: 公益社団法人日本食品衛生学会東海・北陸ブロック
開催場所: 静岡県立大学草薙キャンパス小講堂(〒422-8526 静岡県静岡市駿河区谷田52-1)
プログラム: 13:15~13:20開会の挨拶
13:20~14:30講演-1
HACCPの考え方を取り入れた食品製造 -しょうゆ及びしょうゆ加工品の微生物リスクについてー 高田優子(キッコーマン食品株式会社品質管理部)
14:30~14:45休憩
14:45~16:00講演-2
食肉内部への食中毒菌の侵入に影響する因子の解明とその制御
島村裕子(静岡県立大学食品栄養科学部)
16:00~閉会の辞
参加費: 無料(会員でない方も来聴歓迎)
問い合わせ先: 静岡県立大学食品栄養科学部 食品衛生学研究室増田修一
〒422-8526静岡市駿河区谷田52-1 Tel&Fax: 054-264-5528
E-mail: masudas@u-shizuoka-ken.ac.jp
PDF: 詳細のPDFはこちらより>>
関東ブロック

予定され次第、お知らせします。

近畿ブロック

日本食品衛生学会ブロックイベント 近畿ブロック 公開セミナー
(厚生労働省・日本食品衛生協会・日本食品衛生学会・立命館大学薬学部共同主催)

この度、厚生労働省と日本食品衛生協会・日本食品衛生学会は、消費者、食品事業者及び食品衛生管理従事者への食品の安全に対する正しい知識と、残留農薬等の基準に関する知識の普及啓発活動を目的にリスクコミュニケーションを開催いたします。今回は、残留農薬等にテーマを絞り、公開セミナーを実施いたします。是非とも皆様お繰り合わせの上、ご参加ください。

開催日時: 令和2年12月18日(水) 13時~17時
主催: 厚生労働省・公益社団法人日本食品衛生協会
公益社団法人日本食品衛生学会・立命館大学薬学部
開催場所: 立命館大学BKC(Zoomオンライン配信)
内容: 食品に関するリスクコミュニケーション:残留農薬等のリスクアナリシスについて
開催概要について
井之上 浩一 (立命館大学薬学部)
1.残留農薬等のレギュラトリーサイエンス
穐山 浩 (国立医薬品食品衛生研究所)
2.残留農薬等の安全性評価
吉田 緑 (内閣府食品安全委員会)
3.残留農薬等の分析とは
永山 敏廣 (明治薬科大学)
4.残留農薬等の規格基準について
担当者 (厚生労働省 食品基準審査課)
閉会挨拶
上田 泰人 (神戸市環境保健研究所)
参加費: 無料
参加方法: 先着200名(事前申し込み不要、先着順)
下記からお申し込みください。

参加申込
※定員となりましたので、受付は終了させていただきます。
2月にも開催いたしますので、ご興味のある方はご参加いただきますようお願い申し上げます。

参加申込では、事前事後のアンケートの実施にご協力をお願いいたします。
このアンケート回収後解析を行い、今後の事業の参考にさせていただきます。
まず、上記の参加申込をクリック→事前アンケートにすべてご記入後送信ボタンを押す→その後整理番号をメールで自動配信します。→12月公開セミナー開始前に、公開セミナーのアドレスをご連絡いたします。→公開セミナー直前に事前アンケートについてご案内します。

問い合わせ先: (公社)日本食品衛生学会
東京都渋谷区神宮前2-6-1食品衛生センター内

Email : koenkai@foodhyg.or.jp

PDF: ご案内ポスター ←クリック
中国・四国ブロック

中国・四国ブロック 公開セミナー 

この度、厚生労働省と日本食品衛生学会は、消費者への食品の安全に対する正しい知識と、残留農薬等の基準に関する知識の普及啓発活動を目的にリスクコミュニケーションを開催することとなりました。
リスクコミュニケーションでは、専門家と行政から情報提供を行った後、皆さまが生活の中で抱いている疑問や不安について意見交換を行います。 是非とも皆さまお繰り合わせの上、ご参加ください。

開催日時: 2019年11月20日(水) 13時~16時
主催: 厚生労働省、公益社団法人日本食品衛生学会
後援: 広島県
開催場所: 広島県健康福祉センター8F研修室
(広島県広島市南区皆実町1-6-29)
会場までのアクセス
http://hiroshimahm.sakura.ne.jp/main/access/
内容: 1.残留農薬について知ろう
穐山 浩(国立医薬品食品衛生研究所)
2.農薬の登録と基準について知ろう
行政担当官(厚生労働省または農林水産省)
3. 食品中の微生物の安全性と基準について知ろう
中野 宏幸(広島大学大学院)
4.質疑応答
参加費: 無料
参加方法: 先着100名(事前申し込み不要)
*当日は直接会場までご来場ください。
問い合わせ先: (公社)日本食品衛生学会
東京都渋谷区神宮前2-6-1食品衛生センター内
Email : Email :koenkai@foodhyg.or.jp  
PDF: ご案内>>
九州・沖縄ブロック

予定され次第、お知らせします。

ブロックイベント情報一覧 (10件まで表示)

PAGETOP
Copyright © (公社)日本食品衛生学会 All Rights Reserved.