日本食品衛生学会のホームページへようこそ!

学術講演会

直近の講演会

公社)日本食品衛生学会第116回学術講演会のお知らせ

開催日 2020年9月3日(木)、4日(金)
会場 長崎大学文教キャンパス(〒852-8521 長崎市文教町1-14)
主催 公益社団法人 日本食品衛生学会
共催 国立大学法人 長崎大学(予定)
講演会長 永山 敏廣(公益社団法人 日本食品衛生学会会長)
実行委員長 荒川 修(長崎大学総合生産科学域教授)
参加費
(含講演要旨集代)
事前申込 会員 5,000円  非会員 10,000円  学生 1,000円
当日受付 会員 7,000円  非会員 12,000円  学生 1,000円
(学生は受付で学生証をご提示ください)
注)参加者の所属先が賛助会員である場合,参加費は会員扱いとなります.
※購読会員の方は会員価格では参加いただけません.非会員価格が必要になりますのでご留意下さい.
〈非会員の方も,参加申し込みの際に併せて入会の申込みをいただくと「会員」として参加いただけます.〉
懇親会 (1)事前申込 8,000円 事前申込を歓迎します.
(2)当日受付 10,000円

 

公社)日本食品衛生学会第115回学術講演会のお知らせ

開催日 2019年10月3日(木)~4日(金)
会場 タワーホール船堀
(東京都江戸川区船堀4-1-1)
TEL 03-5676-2211(代表) Fax 03-567-2501
URL http://www.towerhall.jp/
講演会長 永山 敏廣(明治薬科大学特任教授,日本食品衛生学会会長)
実行委員長 高野伊知郎(明治薬科大学教授,日本食品衛生学会副会長)
内容

日程表はこちら

口頭発表はこちら

ポスター発表はこちら

・一般発表(口頭発表、ポスター発表) 10月3日(木)、4日(金)

・特別講演 10月3日(木)16:30~17:30
平成時代の食品衛生史と今後の課題 一色賢司(日本食品分析センター)
 
・教育講演 10月4日(金)13:10~15:05
I 「食品用器具及び容器包装に関する食品健康影響評価指針」について
磯﨑正季子(食品安全委員会事務局)
II 健康食品の問題点を振り返る~これからの健康食品のあり方とは~
千葉 剛(国立健康・栄養研究所)
III ネット情報時代の到来とエビデンス~カビ毒と流産の謎に迫る~
鈴木 信孝(金沢大学)
IV ジビエブームを微生物学的見地から考える 森田 幸雄(東京家政大学)

 

・セミナー演題、社名
技術セミナー 10月3日(木)
APGC(ガスクロマトグラフィー /大気圧化学イオン化マススペクトロメトリー)の概要
日本ウォーターズ(株)
 
メンテナンスの 負担軽減!ユーザーフレンドリーな新製品 LC/MS/MS QSight のご紹介!!
(株)パーキンエルマージャパン
 
ランチョンセミナー 10月3日(木)
食品分析において、目的に合わせた最適な固相抽出カラムの紹介
ジーエルサイエンス(株)
 
分析技術者、分析機器も分析ラボもスマートに行こう!
~ アジレントの『スマートコネクテッドテクノロジー』でGCやLCによる分析業務における無駄な残業カット、早く帰れる分析ラボを実現する~
アジレント・テクノロジー(株)
 
農薬分析からアレルゲン分析まで ~「食の安全」を守るための質量分析計の使い方 ~
サーモフィッシャーサイエンティフィック(株)
 
分析値の信頼性を確保するための認証標準物質と技能試験の活用
Restekコーポレーション
 
技術セミナー 10月4日(金)
農薬個別法分析の効率・自動化、ヘリウム不足問題について最新技術情報
(株)アイスティサイエンス
 
食品分析におけるHPLC分析カラム選択方法と試料調製法のポイント
ジーエルサイエンス(株)
 
ランチョンセミナー 10月4日(金)
アジレントのサンプル前処理 保持型液液抽出(SLE)の新製品Chem Elut S
アジレント・テクノロジー(株)
 
動物性医薬品の規制および試験法に関する海外動向と関連アプリケーションのご紹介
(株)島津製作所
 
SCIEXがお届けする食品分析の最前線2019 アレルゲン最新情報、SWATH活用の広がり
SCIEX
 
 
・展示企業一覧

(株)アイスティサイエンス
アジレント・テクノロジー(株)
アステック(株)
アヅマックス(株)
一般財団法人 化学物質評価研究機構
関東科学(株)
キコーテック(株)
サーモフィッシャーサイエンティフィック(株)
ジーエルサイエンス(株)
シグマ アルドリッチ ジャパン
(株)島津製作所
昭和電工(株)
(株)スクラム

大陽日酸(株)
中部科学機器(株)
東洋紡(株)
内閣府 食品安全委員会
日本ウォーターズ(株)
野村化学(株)
(株)パーキンエルマージャパン
バイオタージ・ジャパン(株)
(株)ファスマック
富士フィルム和光純薬(株)
レステック日本支社
CEM Japan(株)
SCIEX

発表申込要領
(一般研究発表)

(1)発表内容 
独創的な研究・調査に基づいたもので,未発表のものに限ります.

(2)演者
本学会会員に限ります。原則として発表は1人2題までとします.ただし,共同研究者としての連名はこの限りではありません.
賛助会員は、その代表者若しくは代表者が指名した者1名に限り講演することができます。

(3)発表形式 
研究発表は口頭とポスターにより行います.
口頭発表:講演時間は1題15分(発表12分,質疑応答3分)とします(予定).
講演スライドはPCプロジェクターによって投影します.
ポスター発表:2日間掲示し, 発表コアタイムを1時間程度設けます(予定).
申込件数によっては,発表形式の変更をお願いすることもあります.

(4)発表申込締切日
2019年7月25日(木)(講演要旨提出も同日締切)

(5)発表申込方法
発表希望者は下記ホームページ第115回学術講演会の演題申込の欄の指示に沿ってお申込み下さい.申込者にはメールにて,発表申込み番号をご連絡いたします.
講演要旨原稿はホームページ上の発表原稿送付の項目より発表申し込み番号でログインし,注意事項に従って要旨を作成し,期日までにメールで送付して下さい.
発表申し込みはこちらから → ログイン

講演要旨原稿見本 PDF

講演要旨原稿 テンプレート

(6)連絡先
〒150-0001 東京都渋谷区神宮前 2-6-1 食品衛生センター内
公益社団法人日本食品衛生学会 第115回学術講演会実行委員会
Tel 03-3470-2933
Fax 03-3470-2975
E-mail koenkai@foodhyg.or.jp

(7)プログラム編成
演題の採否決定およびプログラムの編成は,第115回学術講演会実行委員会で行います.申込み後の演題の取消および演題,演者の変更は認めません.また,演者からの発表日時の指定はできません.

注)講演要旨集は,2019年9月20日発行を予定しています.発行日以降は,公開されますので,ご留意願います.

優秀発表賞 口頭発表とポスター発表の中から,すぐれた発表に対して優秀発表賞を授与します.
発表と授賞式は,10月4日(金)の教育講演終了後,同会場において行います.
参加費
(含講演要旨集代)
事前申込 会員 5,000円  非会員 10,000円  学生 1,000円
当日受付 会員 7,000円  非会員 12,000円  学生 1,000円
(学生は受付で学生証をご提示ください)
注)参加者の所属先が賛助会員である場合,参加費は会員扱いとなります.
※購読会員の方は会員価格では参加いただけません.非会員価格が必要になりますのでご留意下さい.
〈非会員の方も,参加申し込みの際に併せて入会の申込みをいただくと「会員」として参加いただけます.〉
懇親会 日 時  2019年10月3日(木)17:30~19:30(予定)
会 場  タワーホール船堀 2階 瑞雲
会 費  
(1)事前申込 6,000円 事前申込を歓迎します.
(2)当日受付 当日受付8,000円
広告掲載
協賛金について
ご案内 PDF

申込書 Word

展示・セミナー
のご案内
ご案内 PDF

申込書 Word

事前参加
申込締切日
2019年9月20日(金)必着
参加申込方法

(1)事前申込は本誌添付の郵便振替用紙に必要事項をご記人の上,参加費,懇親会費をお振り込み下さい.事前参加申し込み締め切り日(必着)までに入金が確認できた方には,事前に講演要旨集をお送りします.2名以上まとめて予約される場合は,それぞれの参加者名(ふりがな)および会員の方は会員番号を通信欄に明記して下さい.

※本誌添付の郵便振替用紙がお手元にない方※
恐れ入りますが郵便局に備え付けの郵便振替用紙をご使用ください。
その際は、通信欄に、第115回学術講演会参加費・懇親会費ご入金の旨と、
ご参加者名(会員番号があればご記入ください)、ご所属先、ご住所、お電話番号をご記入ください。

(2)懇親会の当日受付は人数に余裕のある場合に受け付けます.講演会会場受付で参加費を添えてお申込み下さい.

(3)事前参加申込締切日を過ぎてからの申込みは,当日受付扱いとさせていただきます.

送金先 郵便振替口座番号:02東京00110-7-83579
加入者名:公益社団法人日本食品衛生学会

注)宿泊のご案内は行いません。今年はラグビーワールドカップの開催期間(9月20日~11月2日)と重なりますので、お早めに宿泊の予約をお願いいたします。

PAGETOP
Copyright © (公社)日本食品衛生学会 All Rights Reserved.