日本食品衛生学会のホームページへようこそ!

学術講演会

直近の講演会

(公社)日本食品衛生学会第114回学術講演会のお知らせ

開催日 平成30年11月15日(木)~16日(金)
会場 広島国際会議場
(〒730-0811 広島市中区中島町1-5平和記念公園内)
TEL 082(242)7777 Fax 082-242-8010
URL http://www.pcf.city.hiroshima.jp/icch/
講演会長 木村 凡(東京海洋大学教授,日本食品衛生学会会長)
実行委員長 中野宏幸(広島大学教授,日本食品衛生学会 中国・四国ブロック長)
内容 ・一般研究発表(口頭発表,ポスター発表) 11月15日(木),16日(金)
口頭発表プログラム(PDF)
ポスター発表プログラム(PDF)
日程表(PDF)
 
・シンポジウム  11月15日(木)(14:00~17:00)
「2020年に向けた食の安全への取り組み」
座長:伊藤 武((一財)東京顕微鏡院),和田貴臣((一財)広島県環境保健協会)
1.HACCPに沿った衛生管理の制度化について
福島 和子(厚生労働省医薬・生活衛生局食品監視安全課)
2.食の国際化におけるGLOBALG.A.Pの有用性   
今瀧 博文((一社)GAP普及推進機構)
3.HACCP制度化に伴う食品施設の衛生管理と迅速検査
柳平 修一(ROBYフードセーフティコンサルティング(麻布大学生命・環境科学部)
4.食品事業者の食品安全への取り組み 丹波 信博(イオン(株))
 
・教育講演  11月16日(13:00~16:00)
座長:宮下 隆(キユーピー(株),中島安基江(広島県立総合技術研究所保健環境センター)
1.新しい原料原産地表示 -食品表示基準が規制要求する原料原産地表示の考え方-
石黒 厚 〔イカリ消毒〕
2.栄養成分検査と精度管理                    竹林 純 〔国立健康・栄養研究所〕
3.食品安全委員会における新しい食品健康影響評価の流れ
佐藤 洋 〔内閣府食品安全委員会〕
4.広島発の食品製造技術“凍結含浸法”    坂本 宏司 〔広島国際大学〕
5.西日本で多発する麻痺性貝毒             西尾 幸郎 〔四国大学〕
技術セミナー
F会場(ラン)
11月15日(木) 9:30~10:25
残留農薬「個別分析法」の省力・自動化の提案とその他最新情報
株式会社 アイスティサイエンス
F会場(ラン)
11月15日(木) 10:30~11:25
食品分析のためのセパレーション技術~LC/MS からGC/MS まで~
日本ウォーターズ株式会社
ランチョンセミナー
B会場(ダリア 1)
11月15日(木) 11:45~12:45
最新情報満載! 食品分析で検査ラボに求められるデータインテグリティ(完全性)の構築のポイントと食品中の機能性・栄養成分、残留農薬・異臭等の最新分析例を一挙に紹介
アジレント・テクノロジー株式会社
C会場(ダリア 2)
11月15日(木) 11:45~12:45
SCIEXがお届けする食品分析の最前線2018
農薬スクリーニング分析への技術活用-SWATH®Acquisition-
アレルゲン分析の最新情報
SCIEX
D会場(コスモス 1)
11月15日(木) 11:45~12:45
海外の残留農薬にも幅広く対応するPesticide Exploreキットのご紹介
サーモフィッシャーサイエンティフィック株式会社
E会場(コスモス 2)
11月15日(木) 11:45~12:45
分析に用いる超純水の使用上の注意点
エルガ・ラボウォーター
F会場(ラン)
11月15日(木) 11:45~12:45
“ HPLC(/MS)“に対する“ 固相抽出カラム”の悩みを4つの視点で解決
ジーエルサイエンス株式会社
技術セミナー
D会場(コスモス 1)
11月16日(金) 10:15~11:15
食品分析における分析カラム選択方法のポイント、効率的な前処理の紹介
ジーエルサイエンス株式会社
E会場(コスモス 2)
11月16日(金) 9:00~10:00
食品の理化学分析における標準品、標準物質に関して
関東化学株式会社
F会場(ラン)
11月16日(金) 10:00~11:00
AOACI JAPAN SECTION 技術セミナー -分析結果の信頼性保証の基礎-
AOAC INTERNATIONAL JAPAN SECTION
ランチョンセミナー
B会場(ダリア 1)
11月16日(金) 11:45~12:45
新規コアシェル型Hilic カラムとLC/MSによる糖類、アミノ酸等の食品成分の分析例
アジレント・テクノロジー株式会社
C会場(ダリア 2)
11月16日(金) 11:45~12:45
食品検査の自動化へ向けて~検査室運営の改善のために~
日水製薬株式会社
D会場(コスモス 1)
11月16日(金) 11:45~12:45
たばこ煙中成分と化学分析法
Restekコーポレーション
E会場(コスモス 2)
11月16日(金) 11:45~12:45
お任せください!におい分析と分析結果の解析方法
株式会社 パーキンエルマージャパン
F会場(ラン)
11月16日(金) 11:45~12:45
サンプル前処理・分析・データ解析を効率化する島津製作所分析ソリューションの紹介 ~働き方改革と分析データのクォリティ向上の実現に向けて~
株式会社 島津製作所

 

展示企業等一覧
株式会社 アイスティサイエンス
アジレント・テクノロジー株式会社
アヅマックス株式会社
アルタン株式会社
SCIEX
エルガ・ラボウォーター
株式会社 エルメックス
一般財団法人化学物質評価研究機構
関東化学株式会社
キコーテック株式会社
キッコーマンバイオケミファ株式会社
クツワ産業株式会社
ゲルハルトジャパン株式会社
サーモフィッシャーサイエンティフィック株式会社
CEM Japan 株式会社
ジーエルサイエンス株式会社
ジェクス株式会社
シグマ アルドリッチ ジャパン合同会社
株式会社 島津製作所
昭和電工株式会社
株式会社 スクラム
大陽日酸株式会社
東洋紡株式会社
内閣府 食品安全委員会
西川計測株式会社
日水製薬株式会社
日本ウォーターズ株式会社
日本電子株式会社
野村化学株式会社
株式会社パーキンエルマージャパン
バイオタージ・ジャパン株式会社
林純薬工業株式会社
富士フイルム和光純薬株式会社
株式会社 プラクティカル
メルク株式会社
Restekコーポレーション

発表申込要領
(一般研究発表)
 (1)発表内容 独創的な研究・調査に基づいたもので,未発表のものに限ります.

(2)演者 本学会会員に限ります。原則として発表は1人2題までとします.ただし,共同研究者としての連名はこの限りではありません. 賛助会員は、その代表者若しくは代表者が指名した者1名に限り講演することができます。

(3)発表形式 研究発表は口頭とポスターにより行います.
口頭発表:講演時間は1題15分(発表12分,質疑応答3分)とします(予定).
講演スライドはPCプロジェクターによって投影します.
ポスター発表:2日間行い, 各45分程度の討論時間を設けます(予定).
申し込み件数によっては,発表形式の変更をお願いすることもあります.  (「いずれでも可能」の選択肢を設けましたので会の運営にご協力願います.)

(4)発表申込締切日 平成30年9月3日(月)(講演要旨提出も同日締切)

(5)発表申込方法  発表希望者は下記アドレスより演題申込の欄の指示に沿ってお申込みください.申込者にはメールにて発表申込みIDをご連絡します
講演要旨原稿は下記アドレスの発表原稿送付の項目より発表申込みIDでログインし,注意事項に従ってテンプレートから要旨を作成し,期日までに登録を完了してください. (期限内であれば修正できます)

発表申し込みはこちらから(7/4から) → ログイン
申込みは終了しました。以降の問合せはkoenkai@foodhyg.or.jpへご連絡ください。

講演要旨原稿見本 PDF  講演要旨原稿 テンプレート

(6)連絡先 〒150-0001 東京都渋谷区神宮前 2-6-1 食品衛生センター内
公益社団法人日本食品衛生学会 第114回学術講演会実行委員会
Tel 03-3470-2933
Fax 03-3470-2975
E-mail koenkai@foodhyg.or.jp

(7)プログラム編成 演題の採否決定およびプログラムの編成は,第114回学術講演会実行委員会で行います.申込み後の演題の取消および演題,演者の変更は認めません. また,演者からの発表日時の指定はできません.

(8)プログラム等のお知らせ 詳細は決まり次第本学会誌およびホームページでお知らせします.

注)講演要旨集は平成30年11月2日(金)発行を予定しています.発行日以降は公開されますので,ご留意願います.
優秀発表賞 口頭発表とポスター発表の中から,すぐれた発表に対して優秀発表賞を授与します.
発表と授賞式は,11月16日(金)の教育講演終了後,同会場において行います.
参加費
事前申込:会員 5,000円、非会員 8,000円、学生 1,000円
当日受付:会員 7,000円、非会員 10,000円、学生 1,000円
(学生は受付で学生証をご提示ください)
注)参加者の所属先が賛助会員である場合,参加費は会員扱いとなります.  購読会員の方は会員料金では参加いただけません.非会員料金が必要になりますのでご留意願います.〈非会員の方も,参加申し込みの際に併せて入会の申込みをいただくと「会員」として参加いただけます.
懇親会 日 時  平成30年平成30年11月15日(木) 19:30~20:30
会 場  広島国際会議場 国際会議ホール 会 費  (1)事前申込 7,000円
(2)当日受付 9,000円(人数に余裕のある場合に受け付けます)
広告掲載
協賛金
について
ご案内(PDF)申込書(Excel)
企業展示
ランチョンセミナー
技術セミナー
について
ご案内(PDF)申込書(Excel)
事前参加申込
締切日
平成30年10月31日(水)
参加申込方法  (1)事前申込は郵便振替用紙に必要事項をご記入の上,参加費,懇親会費を下記送金先へお振り込みください.事前参加申込締切日(必着)までに入金が確認できた方には,事前に講演要旨集をお送りします.2名以上まとめて申込みされる場合は,それぞれの参加者名(ふりがな)と会員番号を通信欄に明記してください.
10月31日(水)以降は当日受付となりますのでご注意下さい.

送金先 郵便振替口座番号: 02東京00110-7-83579
加入者名: 公益社団法人日本食品衛生学会注)宿泊・交通のご案内は行いませんので,参加される方は各自でお早めに手配をお願いします.
主  催 公益社団法人 日本食品衛生学会
〒150-0001 東京都渋谷区神宮前2-6-1 食品衛生センター内
TEL. 03-3470-2933 FAX. 03-3470-2975  Mail:  koenkai@foodhyg.or.jp
PAGETOP
Copyright © (公社)日本食品衛生学会 All Rights Reserved.