第3回FHSコミュニティ開催について

(FHS担当理事 飯島 賢(株式会社日清製粉グループ本社))

日本食品衛生学会では技術者の育成、組織の枠を超えた会員間の交流を目的に食品衛生の第一線で活躍されている講師をお招きし、会員限定のイベント「FHSコミュニティ(Food Hygiene and Safety
コミュニティの略)」を開催しています。第3回目は食物アレルギー物質をテーマとして、講師に国立医薬品食品衛生研究所爲廣室長をお招きし参加者とのディスカッションにより理解を深めます。
食物アレルギー物質に関する法規制、検査に関する疑問や問題について質問、意見交換できる好機ですので、是非ご参加ください。

1.テーマ 食物アレルギー物質に関する法規制動向と検査技術
2.講師名 国立医薬品食品衛生研究所 生化学部第三室 爲廣室長
3.講演概要  国内では、食物アレルギーの原因物質である特定原材料が容器包装された加工食品に含まれる場合、該当する特定原材料を表示することを義務付けています。特定原材料は食物アレルギーの実状に即して継続的な見直しが図られており、令和5年に「くるみ」が特定原材料に追加されました。食物アレルギー表示が正しく行われていることを確認するための検査法は、消費者庁次長通知に定めています。令和5年の改正ではリアルタイムPCR法やPCR-核酸クロマト法など新しい技術の導入も進められました。本講演では、食物アレルギー物質に関する法規制動向と検査技術について紹介します。
4.開催日時 2024年6月26日 14~18時
5.開催場所 株式会社島津製作所 Shimadzu Tokyo Innovation Plaza
https://www.shimadzu.co.jp/research_and_development/tokyo-innovation-plaza/
         京急大師線 小島新田駅下車徒歩12分
6.プログラム 14:00~15:00 オリエンテーション(挨拶、イノベーションプラザ概要説明・見学)
15:00~16:00 講演「食物アレルギー物質に関する法規制動向と検査技術」
16:00~17:00 講師と参加者によるディスカッション
17:00~18:00 名刺交換会
7.参加費 3,000円(当日お支払いください、領収書を準備いたします)
8.参加資格 正会員、賛助会員(1団体1名まで)
9.募集人数 20名
10.参加方法 参加希望者は会員番号、所属、御名前、事前質問、領収書の宛名を記し下記アドレスに申込みください。
申し込み先:koenkai@foodhyg.or.jp
11.主催 公益社団法人 日本食品衛生学会
  〒111-0042 東京都台東区寿4-15-7 食品衛生センター内
  TEL 03-5811-1502  FAX 03-5811-1503