日本食品衛生学会ブロックイベント近畿ブロック
第2回 食品に関するリスクコミュニケーション 公開セミナー
「残留農薬のリスク管理の動向とゲノム編集食品」

この度、(公社)日本食品衛生学会は、厚生労働省、(公社)日本食品衛生協会と共同主催で、消費者、食品事業者及び食品衛生管理従事者の皆様への食品の安全に対する正しい知識と、残留農薬等の基準に関する知識の普及啓発活動を目的に「食品に関するリスクコミュニケーション公開セミナー」を開催いたします。今回は、現地とWEBでのハイブリッド開催とし、参加費は無料といたしました(事前申込)。食品衛生に関わるすべての方に最新の情報をお届けします。奮ってご参加下さい!

開催日: 2022年12月2日 13:00~17:00 (予定)
開催場所: 立命館大学びわこ・くさつキャンパス(ZOOMオンライン配信有)
共同主催: 厚生労働省、(公社)日本食品衛生協会、(公社)日本食品衛生学会
内容(予定): 第2回食品に関するリスクコミュニケーション 公開セミナー
「残留農薬のリスク管理の動向とゲノム編集食品」
1.レギュラトリーサイエンスと有害物質の摂取量調査(仮)

堤 智昭   国立医薬品食品衛生研究所 食品部
2. 残留農薬等の最新の情報(仮)

担当官  厚生労働省 残留農薬等基準室
3.神戸検疫所における輸入食品の残留農薬検査について

木村 実加  神戸検疫所 輸入食品・検疫検査センター
4. 堺市における残留農薬検査の取り組みについて (仮)

山本 直美  堺市衛生研究所
5. ゲノム編集食品について(仮)

小泉 望  大阪公立大学
参加費: 無料
参加方法: ZOOM配信:先着200名現地、30名程度(予定)

参加申込 (10月3日より受付開始します。)
参加申込と事前アンケートにご回答いただき受付完了となります。このアンケート回収後解析を行い、今後の事業の参考にさせていただきます。 まず、上記の参加申込をクリック→事前アンケートにすべてご記入後送信ボタンを押す。→12月公開セミナー開始前(11月28日ころ)に、公開セミナーのアドレスをご連絡いたします。→公開セミナー直前に事前アンケートについてご案内します。

WEBでの参加申し込みが困難な場合は、下記までお知らせください。郵便およびFAXを用いた参加申込方法をご案内いたします。

問い合わせ先: (公社)日本食品衛生学会 東京都渋谷区神宮前2-6-1食品衛生センター内
TEL 03-3470-2933 FAX 03-3470-2975

Email : koenkai@foodhyg.or.jp