日本食品衛生学会のホームページへようこそ!

目的・沿革

目的

日本食品衛生学会は食品衛生に関する研究の連絡、提携及び促進をはかり、あわせて研究結果の普及を行うことにより学術・文化の発展に寄与することを目的としています。

沿革

日本食品衛生学会は昭和35年3月23日に設立され、その後昭和38年5月14日に社団法人として設立されました。平成22年には学会創立50周年を迎え「食品安全の事典」、「記念誌」の刊行、記念式典、記念講演、公開講演会の開催、ロゴマークの制定、食品衛生学雑誌記念号(第51巻6号)の刊行等の記念事業を行いました。平成23年1月には内閣府から認定を受け平成23年2月1日に公益社団法人に移行いたしました。現在、会員(正会員、賛助会員、購読会員、学生会員)の総数は2,200名以上を数えています。

⇒公益社団法人移行に関する資料

PAGETOP
Copyright © (公社)日本食品衛生学会 All Rights Reserved.