日本食品衛生学会のホームページへようこそ!

会長挨拶

新任のご挨拶と今期の学会活動について

2017 年 6 月 9日

公益社団法人日本食品衛生学会会長 木村 凡

 このたび,会長に選任されました東京海洋大学の木村です.本学会がますます発展するよう,この2年間,会長として,精一杯努力したいと思います.
この2年間で,学会としての情報発信の強化を重点的に行っていきたいと思っております.現在,本学会は年6号の会誌の発刊,年1回の学術講演会(従来年2回行っていた学術講演会は本年度から年1回の開催として試行することになりました),および年2~3回程度のセミナ ーや公開講演会などを主なメニューとして公益事業を展開するとともに,会員にサービスをしています.このようなメインメニューは学会が創立された50年前から大きくは変わっておりません.しかし一方で,時代は急速に変化しています. 特に過去20年間でインターネットが発達し,多くの論文が電子化され,論文は発刊と同時に電子媒体として公開されるようになりました.学会創立当初は,紙媒体の雑誌で届けられる論文を読めることが学会員の最も大きな特典でした.しかしこの特典はすでに失われています.私は今年で60歳になりました.少なくとも私の年齢以下の会員は,仕事ではインターネットやEメールで通信するのが当たり前となりました.また,20代の若者の多くは,情報源としてパソコンすら使わず,むしろスマホを使って通勤電車やカフェや公園などユビキタスに情報をスピーディーに得ている時代となりました.
このような急速な時代の変化の中で(会員層の変化の中で)て,会員にとっての本学会の価値とは何か? 情報発信を本業とする学会の姿はどうあるべきか?さらなる公益事業の推進を通して社会に貞献していくことと同時に、会員視点から見た学会の価値についても、私の任期中に改めて考え直してみたいと考えております.具体的にはこれから改革を進めてまいりたいと思いますが,いちばん大きな点は,学会会員だからこそ得られる情報や最先端の情報を,スピーデイー,しかも,大量に提供できる学会へと変革をしていく必要があると思っております.
学会に集うことによって,エキサイティングな情報に出会い,人とつながりができ,学会なしでは自分の仕事が考えられなくなるような,そして,周囲の人に本学会を思わず紹介してみたくなるような学会にしていきたいと思っています.もちろん,そのために,会長はじめ理事会,学会活性化委員会のメンバーは汗をかく覚悟ができております.しかし同時に会員の皆様全員の知恵もお借りしたく思っております.是非とも会員の皆様からもいろいろなアイデアを事務局通じて気軽にご提案ください.

以上,これらの諸課題達成に向けて,会員の皆様のご理解ならびにご協力を改めてお願い申し上げます.

PAGETOP
Copyright © (公社)日本食品衛生学会 All Rights Reserved.