「第一回FHSコミュニティ」が決まりましたので、6/1​より募集を開始します。

テーマは、残留農薬のスクリーニング分析について行います。​

当会副会長の明治薬科大学 永山教授がファシリテートし、参加者の皆さんと理解を深めてゆきます。

​<詳細>​

開催日時:2018年7月4日 15時から18時

場所:島津製作所 東京支社

​     ​https://www.shimadzu.co.jp/aboutus/company/access/tokyo.html

参加費:2000円(当日お支払いください、領収書を準備いたします)

参加資格:正会員、賛助会員(1団体1名まで)

募集人数:15名

​<スケジュール>​

15:00-15:05 ご挨拶

​​15:05-16:00 講演「ここが知りたい​残留農薬スクリーニング分析」

16:00-17:00 参加者とのディスカッション

​      ①サンプリング、②前処理、③測定、④解析、⑤判定

①から⑤の各ステップについて各10分づつ討議し理解を深めてゆきます。

17:00-18:00  交流会

 

ファシリテーター 明治薬科大学 永山敏廣 先生

参加希望者は、会員番号、所属、​お名前、事前質問​を下記アドレス​に申込みください。​

​申込み先:koenkai@foodhyg.or.jp

 

​定員15名の少人数で行います。

初めての試みとなりますが、是非ともご参加ください。

 

FHSコミュニティは、「会員限定」のイベントで、一つのテーマに絞った学術小集会です。

目的は、技術者の育成、組織の枠を超えた会員間の交流、第一線の講師との交流、また実務の悩み解決です。

本企画では、小人数の参加者とディスカッションをしながら、理解を深めてゆく形式をとります。

皆さまの人材育成や技術力向上の一翼を担えればと思いますので、是非とも活用ください。

*FHSコミュニティ :Food Hygiene and Safety コミュニティの略です。