食品には、生産、加工時に使用された化学物質が含まれることがあります。これらを適切に管理し、安全性を確保するためには、迅速、効果的に分析して法適合等を正しく判断する必要があります。本セミナーでは、適切な判断を導くために役立つ様々な分析情報を提供して参ります。今回は、食品分析における網羅的解析の考え方や最新の技術について、実用例を交えながら解説いたします。

開催日時: 平成30年9月6日(木) 13:00~16:30 (12:30より受付)
開催場所: 幕張メッセ国際会議場(千葉県千葉市美浜区中瀬2-1)
【JASIS 2018コンファレンス】105会議室

  • JR京葉線「海浜幕張」駅 下車 徒歩5分
  • JR総武線「幕張本郷」駅 下車 バス15分
テーマ: 知って納得!食品分析 How to do it:ここまで使える網羅的解析最新テクノロジー
内容:
1  分析のfitness for purposeを考える(13:05~13:50)
瀧川 義澄(アジレント・テクノロジー(株)     山上 仰(西川計測(株)
2  MALDI-TOFMSの異分野への展開(13:50~14:35)
宮下 隆キユーピー  (株)
(休憩15分)
3  高分解能 LC-MSを用いたカビ毒配糖体の検索 (14:50~15:35)
中川 博之((国研)農業・食品産業技術総合研究機構)
4  食品のオミクス解析~メタボロミクスに基づく食品の質的評価 (15:35~16:25)
飯島 陽子(神奈川工科大学)
参加費:
正会員・賛助会員              事前 3,000円, 当日 4,000円
購読会員・非会員              事前 6,000円, 当日 8,000円
学生                                無料
(先着100名,定員になり次第締め切ります)
参加方法: 参加申込書でお申込の上、参加費をご送金下さい。ただしこの申込書は仮受付で、入金をいただてから受付したことになります。ご入金後に不参加の場合でも返金は致しません。この場合は、後日要旨集をお送りいたします。
参加申込書はこちらをクリック(Excel版:40KB)
参加登録: 受け付けをした方には,登録番号を付したメールでご連絡をお送りいたしますので,当日ご持参下さい.
広告および協賛のご案内: >>ご案内(PDF)
ご送金先:
(銀行振込)
みずほ銀行・青山支店・普通預金1517700
公益社団法人 日本食品衛生学会
または
(郵便振替)
振替口座番号00110-7-83579
公益社団法人 日本食品衛生学会
*お振込手数料はご負担いただきますようお願い致します。
主  催: 公益社団法人 日本食品衛生学会
〒150-0001 東京都渋谷区神宮前2-6-1 食品衛生センター内
TEL. 03-3470-2933 FAX. 03-3470-2975
E-mail:koenkai@foodhyg.or.jp